読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【旅134日目 2012/10/10】四国最東端、蒲生田岬へ

自転車日本一周、134日目。

起床

5時半過ぎ、道の駅公方の郷なかがわにて起床。
駐車場エリアから距離が離れていることもあり快適に眠れた。

今日は四国の最東端ポイント、蒲生田岬に向かう。
昨日、同じ道の駅にテントを張っていたおじいさんチャリダーも最東端へ向かう。
一緒にといいたいところだが、それぞれペースが違うので別々にいくことにする。


A.M 6:15 道の駅公方の郷なかがわから出発!

先に出発した、おじいさんを追いかける形で自分も出発。


朝日

まだ6時過ぎ、平地ということもあり、走っていて気持ちがいい。
進行方向左手、海側から徐々に顔をだしてきた太陽もいい感じです。


朝日 その2

刀鍛冶で高温に熱した刀のように伸びた太陽。
どういった条件が重なるとこういった状態になるんでしょうか?


おじいさんを追いかけ出発したものの、今日は時間に余裕があるのでマックに寄り道。
この先にしばらく電源ポイントなさそうなので、電化製品の充電と今後のルート計画をしておきます。


かもだ岬

マック後は、どこにも寄らずに真っすぐにかもだ岬へ。
岬だけあって、なかなかのアップダウンでした。

かもだ岬の手前にトンネル、そのちょっと手間に東屋があります。
先に出発したおじいさんとは、この東屋で再会しました。

おじいさんは既に最東端に行ってきたところ。
これからきた道を戻って、最西端へ向かうためちょっとだけ話してお別れ。


蒲生田岬 その2

岬の先端へは自転車で行けないので、入り口に自転車を止め灯台のある最東端は歩いて向かいます


蒲生田岬 その3


蒲生田岬 その4

急な階段。
ここを登れば目の前が四国最東端です。


A.M 10:30 四国最東端 蒲生田岬灯台に到着!

蒲生田岬 その7

四国の端、まずは1つ目。

風がとっても気持ちいいです。


蒲生田岬 その5

景色もなかなか。

到着時、観光客が数人いましたが、その人達が去ったあとは最東端を独り占め。
どうやらメジャーな観光ポイントではないらしく、人もこなく、静かな場所です。


蒲生田岬 その6


手押しポンプ

蒲生田岬から戻る際、DRAGON とかいうレトロなポンプを発見。
水は出るんですが、ボトルに汲もうとしたところ"飲料不可"の文字が目に入り、、、


山中の道

最東端へ向かう際に利用する道は一本道。
岬をぐるっと回るルートがとれないため、アップダウンの道の引き返します。

最東端へ向かう分岐まで引き返した後は、国道までこんな道が続きます。
人も車も見当たりません。


専用道路脇

国道にぶつかって、しばし国道脇を走る。
が、一向に金網の右側にある国道に入れませんでした。。。orz

少し戻って、畑仕事をしていたおじいさんに聞いてみたところ、金網の内側にある国道は車専用道路だとのこと。
仕方なく、遠回りに峠のおまけがついた国道を通って南下します。。。


グリーンライン

グリーンラインはどこ?


休憩所

峠を攻略して下り始めたところで雨。
ちょうどよく、お遍路さん用の休憩所があったため、雨宿りさせてもらいます。


海賊舟

陸にある海賊舟はさびれていた。


薬王寺

通り道にあったので、薬王寺に寄っていきます。


薬王寺 その2

薬王寺からの景色

景色より、雲が気になる。 また雨がふりそうな予感。


薬王寺 階段

薬王寺の階段には1段1段、1円玉が置かれていました。
厄除けだとか。


P.M 2:15 道の駅日和佐に到着!

道の駅日和佐

薬王寺から少し行ったところにある道の駅でしばし休憩。
遠回りしたため、予定より時間がかかりました。


二階建ての休憩所

道の駅から出発してちょうど1時間、悪い予感が的中し雨がまたしても降ってきました。
最初は峠を下っている際と同じ程度の小降りでしたが、徐々に本降りに。

またしても道路脇に発見した、遍路小屋に避難。 避難したこの遍路小屋、2階建てで問題なく宿泊できそうです。


雨具装備で出発

しばらく待機するも雨が止みません。
この時点で、5時過ぎとかならここで野宿確定(周りには何も無いけど)ですが、時刻はまだ3時をまわったところ。

このまま雨が止むのを待っていると、目的地に到着前に日没&ナイトランになりそうな予感。
しばし考えた結果、雨具フル装備で出発することにしました。



P.M 6:05 道の駅宍喰温泉に到着!

道の駅宍喰温泉

途中、スーパーに寄ったりしつつ雨中を走ること2時間。 目的地の道の駅に到着。

今日は疲れた。。。

寝床調査する気力がなかったため、道の駅に併設されている温泉へ直行。
600円で入浴できますが、旅の途中で購入しておいた温泉博士 WEB版(サービス終了)で無料入浴です。


宍喰温泉

旅の最中、基本的に温泉(銭湯)場所と寝床は一致していません。

そのため、温泉後に自転車でそこから数キロ〜数十キロこぐのがあたりまえ。
そんなときは、湯船に浸かっていてもなんというか完全にオフ状態にはできない。

温泉気持ちぃーと思いつつ、頭の中では寝床まであとXキロあるので何時に風呂あがって、、、
みたいなことを逆算しつつ湯船に浸かっている。

しかし、今日は寝床と温泉が一緒のエリア。
雨で体が濡れていようが、疲れていようが体力回復のため温泉にゆっくりと何も考えずに浸かることができる。
こんな小さなことが、何気にうれしかったりするw


宍喰温泉 その2

十分に温泉でゆっくりした後は、休憩場所でちょっとPCをカタカタ。

温泉後、道の駅で寝床場所の調査。

この道の駅で唯一、軒下でテントが張れそうな場所は道の駅の入り口。 そこにテントを張りたいところですが、先客のママチャリが1台。
人は見当たらない。旅人? or ホームレス?。

仕方なく、道の駅脇にあるテントの下にテントを張り、ご飯を食べ就寝。



後々、知ったんですがここの道の駅、テント禁止の張り紙があったらしいですね。 すいません、気がつきませんでした。。。

でも、 気づかなくて良かったような。ぇ
ライフ0だったし。


本日の出費

合計: 437円

場所 費用分類 金額 備考
マクドナルド食費100プレミアムローストコーヒー(S)、マックグリドルソーセージ
Moana Market食費183ぐるぐるダックワーズ ラズベリー、帽子ぱん
ショッピング大黒食費154コカ・コーラ 280ml、バナナ

走行記録(あしあとマップ)

天気:晴れのち雨

出発地点:徳島県阿南市那賀川町
到着地点:徳島県海部郡海陽町

走行距離(km) 平均速度(km/h) 走行時間 最高速度(km/h) 累計距離(km)
102.13 15.8 6:27:31 46.7 8559.8


大きな地図で見る

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村